1.日々日常

備品をガシガシ作る!(ドールハウス)

ソファー作成から解放され、
ガシガシと備品作成に勤しむ今日この頃。
建築にいくまでには、まだ遠い道のりです。

 

植木関係。なんで木の皮を手貼りやねん。

小さいテーブル。なんで花びら一枚ずつ手作りやねん。

クローゼットとイス。なんでちゃんと綿入ってんねん。

階段。なんで一枚一枚手作りやねん。

ライトスタンド。もちろん点灯します。

 

・・・たまに心の声でツッコミつつも、
なんとか後半戦に入ったようです。

1.日々日常

給油(続車9回目)

若干、涼しくなってきてクーラーOFFも増えてきた今日この頃。
少しは燃費も向上するかしら?

リッターあたり税込みで160円(前回から+2円)
37.50Lの給油で総額6000円ナリ。

いよいよ160円突破。なかなかな落ちてきません。

1.日々日常

年末の宿題(ドールハウス)

そういえば、もう一つ長いこと手間取っていることが!
7月から制作開始して早2ヶ月、
ソファーにひっかかり1ヶ月を費やしたドールハウス(笑)

これも年内には始末をつけねば!

やっと完成したソファーセット。
革を切り貼りして、中にはちゃんと綿が入ってます。

 

洗面台。

 

こちらも若干手間がかかった本棚。

1.日々日常

シールドなき日々


毎年、楽しみにしてる海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」

例年なら、このくらいの時期からポツポツと
海外で始まる次シーズンの、テーマやら
タイトルロゴやらPVが流れ出す頃なのですが

次シーズンは色々な大人の事情により約1年あけての
2019年7月スタートのため、まだ収録が始まったばかりの状態。
(通常通りなら2018年10~11月にスタート)

そんなワケでシールド情報に飢えている今日この頃(笑)
あまりにも飢餓状態のため、海外サイトから
シールドの裏設定やトリビアなどを収集してみました。
※一部、意訳間違いがあるやもしれません。悪しからず
※2018.09.13 説明画像を追加。

 

エージェント・オブ・シールド トリビア

まずは観てたら分かるMCU連携部分から

・シーズン4のLMD(Life Model Decoy)は
アベンジャーズ劇中において、
コールソンとの通話でトニー・スタークが発言している。

・シーズン3、ヒドラの最高指導者ギデオン・マリックは
映画アベンジャーズでニック・フューリーに核攻撃を指示した
世界評議会のシルエットの人物。※俳優も同一。

・映画エイジ・オブ・ウルトロンで、ニック・フューリーが
救助に使ったヘリキャリアはマリア・ヒルの要請により、
コールソンがシールド施設から整備・発進させた。

・シーズン4のLMD・フレームワークの
基礎となった魔術書ダークホールドは
映画Drストレンジの劇中、図書館に1冊だけ無い本。

・映画インクレディブル・ハルクに登場したアボミネーションは
現在、アラスカにあるSHIELDの施設に収容されている。

・コールソンはクリー人の血液から作られた薬で蘇生された。
クリー人の死体にはロナン(GotG)と同じ文様。

・シーズン5、19~22話(最終話)は映画インフィニティ・ウォーの
サノスの部下によるニューヨーク襲撃と同じ時間軸。

・映画キャプテン・マーベルにて
フィル・コールソン久々のスクリーン復活。若い(笑)

 

続いて裏側編。

・ウォード役のブレッド・ダルトンは、第1話の時点で
ウォードはヒドラとして裏切ると聞かされていた。
(共演者には知らされず)

・ジョン・ギャレット役のビル・パクストンは
自身が黒幕役だと最初から知らされていた。
(共演者には知らされず)

・スカイ役のクロエ・ベネットは
スカイは後にシーハルクになると思っていた。

・クロエ・ベネットはシーズン2の戦闘シーンで肘を2ヶ所骨折。
劇中、自身の特殊能力で腕を痛める設定は、
それをカバーするために追加された。

・劇中にちょいちょい登場するBendeeryビール。
ランス・ハンター役 ニック・ブラッドの友人
ベンジャミン・デリー(Benjamin Eeery)から命名された。
本人は出なくなったけどビールは今だ登場中。

 

続いてキャスト編。

・クエイク役のクロエ・ベネットと
レイナ役のルース・ネッガは
元々ジェマ・シモンズ役のオーディションを受けた。

・メイは元々アルテア・ライスという白人の設定だった。
しかしオーディションでのミンナ・ウォンの強力なアピールにより変更。

・タルボット役のエイドリアン・パスダーは
アニメ版トニー・スターク(アイアンマン)の声優をしている。

・クリール役とモッキンバード役の俳優は元々
映画ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのオーディション
(ドラッグス役・ガモラ役)を受けたが本作にスカウトされた。

・ジェフリー・メイス役のジェイソン・オマラと
キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスは親友。

・メイの母リアン・メイを演じるツァイ・チンは
007等にも出演している元祖アジア系アクション女優。

・メイの父ウィリアム・メイを演じるジェームズ・ホンは
メイを演じるミンナと映画ムーランで共演している。
※ミンナがムーラン役。

・スカイの母(ジャーイン)の女優と、エージェント・デイビスの俳優は
結婚して夫婦となった。

・フィッツとシモンズのモデルは制作責任者と脚本家の
ジェイド・ウェドン、モーリサ・タンチャローエン夫妻。
※ちなみに兄のジョス・ウィードンはアベンジャーズ1.2の監督。
※この2人の子は勿論、娘。(シーズン5参照)

・シーズン4、17話「反対の世界」最初に教室に入る
女子生徒エイミーは「ステラ・フランシス・グレッグ」
コールソン役のクラーク・グレッグの実娘。

・クラーク・グレッグのスタントマンは本人にそっくり!

・ロキ(トム・ヒドルストン)がゲスト出演する予定があった。
しかしエイジ・オブ・ウルトロンでの設定の兼ね合いからボツ。残念!

 

続いてMARVELネタ編。

・コールソンの航空機TheBusのコールサインは616。
MARVELのメインストーリーが進んでいるEarth-616から

・コールソンが壁に書く図形の中の文字は
原作コミック内に出てくるスクラル語。

 

・モッキンバードが最初の登場で黒髪なのは原作に沿う(黒⇒金)

・メイのスマホのアドレス帳にある名前。
(Nat=ナターシャ・ロマノフ)
(woo=ジミー・ウー ※映画アントマン2に登場)
※他にもマーベルのマイナーキャラやスタッフの名前が並びます。

・Xmen、ファンタスティックフォー、スパイダーマン、ミュータント、
これら単語は、同じMARVEL作品ながら版権の関係で使えない。

 

続いて追悼編。

・ジョン・ギャレット役のビル・パクストンは2017年に永眠。
シーズン4の16話「フレームワーク」が追悼作品。

・ギデオン・マリック役のパワーズ・ブースも2017年に永眠。
シーズン4最終話「世界の終わり」が追悼作品。

 

続いて最新のシーズン5編。

・シーズン5、ディーク役のジェフ・ウォードは
元々第1話で死ぬバージルのほうの役だった。

・タイトルバック、崩壊した地球に漂う
壊れたスクールバスはスパイダーマンのイメージ。

・劇中の宇宙を見るシーン、
宇宙ゴミに混じってR2-D2が映っている。
※CG監督のお遊び

・各年代のロビンを演じる役者は本当の姉妹。
レクシー・コルカ(7)とアパ・コルカ(12)

・軍の施設に強制留置されたレオ・フィッツが
抑留日数を数えたイラストがランス・ハンターのサル顔(笑)

・吹き替え版じゃ分かりにくい部分。
最終話の目前メンバー全員での討論場面、
皆が最悪の未来に絶望し自暴自棄になるなか
マックが「まだ希望がある!」と鼓舞する台詞は、
幼くして亡くした娘の名前Hope(希望)にかけてある。
※シーズン4、フレームワークには成長した姿で登場。

・異星同盟が集まる場所。
壁の文字は原作コミックに登場するクリー文字。

・ルビィの部屋に貼っているポスターは
MARVELコミック内のバンド「Steeltown Rockers」

・ヨーヨーは原作でも腕を失い機械化する。

・シーズン5で劇中にメイが脚を怪我したのは、
演じるミンナが膝の手術を行ったため。

・シーズン5、前半フィッツの出番がないのは
演者のイアン・デ・カーステッカーが出演映画の撮影を行っていたため。
※ちなみに第二次大戦中にナチスゾンビと戦うという映画。

・惑星同盟のクォボス役ピーター・メンサーは
インクレディブル・ハルクに米軍人役で出演。

・シーズン5のカサイアス役のドミニク・レインズは
ウィンターソルジャーにCIA役で出演している。
メイクで分かりにくいが、実は褐色の肌でだいぶ印象違う。

・シーズン5のシナラ役のフローランス・フェーヴル。
こちらもノーメイクだとかなり印象が違う。

・シーズン5、12話はシーズントータル100話。
ディークが外に出るシーンで雑貨屋のウィンドに記念のお遊び。
※ちなみに本国での放送はインフィニティ・ウォーの公開前でしたが、
あえてホークアイが置かれていることから本作への未出演を。
ソーがヘルムダイルの武器を持っていたことから、
その死を言い当てた猛者オタクが海外にはいます(笑)

・シーズン5最後の謎、ロビンの予言イラスト。
ちょっと長いので追記にて・・・

もっと読む

1.日々日常

やっとソファー完成 (ドールハウス)

型紙切りーの、革を切りーの、
綿を詰めーの、接着しーの、を×6・・・
なにしろ面倒くさいソファセットの作成に1ヶ月を費やしました。

 

これでやっと折り返し地点です。