8.デジタル落書

続 自動彩色

またまた自動彩色ソフトの比較。
Aは いま使ってる海外製のソフト
Bは 新しく入手した日本製ソフト

 


元画像


ソフトA いつもの安定感


ソフトB もう少し、、、あと少し

 

 

元画像

ソフトA ちらほら破綻してるか

ソフトB なかなか頑張ってるが
背景を空と判断してて凄い青い・・・

 

 

総評としては、
いま使ってるソフトAは80点くらい。
新しいソフトBは70点くらいかな?

ただ細部の彩色等では、上回っている点もある。
うーん、A+Bの
良いとこ取りみたいなのないかな?

8.デジタル落書

自動彩色いろいろ (2022)

自動彩色の比較に、手動着色も追加。

 


元画像。

 


某webサービス。
うーん、肌の色も塗分けも微妙・・・

 


現在メインで使ってるAIソフト。やはり素晴らしい

 


自分で着色。・・・なんか不自然。
色を自分で指定できるけど、作業時間が10倍くらいかかる。

8.デジタル落書

自動彩色比較 (その3)

今回は風景画像でテスト。


元画像


某大学webサービス 破綻のない自然な発色。ちょっと薄め


WEBサービス(A) 明るい。ヤシの葉に色がついていない。


WEBサービス(B) 全体的に寒色。色が薄い。


新ソフト。 コントラスト強め。右下の壁を草と認識?